円形脱毛症

発症する原因として、有力な説となっているのが「自己免疫疾患」です。
外から侵入してきた異物を攻撃する免疫機能が 何かのきっかけでその環境がかわってしまい 誤って自分の細胞を攻撃してしまう疾患です。アトピー性皮膚炎、リウマチなども自己免疫疾患になります。攻撃の標的が毛根になってしまうと、脱毛症になります。

当院では、鍼治療とスーパーライザーによるSGB(4000円+250円追加料金)を併用することで、過剰に働く免疫を抑制し、頭部の血流改善により毛根への栄養供給を促します。

脱毛の期間が長くなるほど、重症になるほど改善には時間がかかります。詳しくは来院時にお話ししますが、改善されるまで週1回根気よく治療をしていく必要があります。